今。みつめて、走って。


by a-1_2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

えほんのはなし

今日本屋に立ち寄ったらえほんフェアをやってた。
今年から復刻した『ちびくろさんぼ』もあったからちょっと覗いてみた。c0068121_0364847.jpgこれ、こんなんだったけ。ってかんじ。とりあえず、トラが木の周りをぐるぐる回ってバターになっちゃうことしか覚えてなかった・・・いかんいかん。このえほん、絶版の理由は周知の事実。でもあたし、今日これ読んで、あんまそんな差別的要素を含んでいるとは思わなかったんですけど・・・それってあたしがおかしいのか?ただ純粋にホットケーキでおなかいっぱいになってよかったねって。いや、それで駄目でしょうか?黒人さんはこんなに黒くない、あんな大食漢でない、ジャングルには住んでいないetc・・・だからそれって黒人を題材に扱ったからじゃなくて?もし白人さんを同じ設定にしたら、それはただの物語上の設定って受け止めると思うのですが・・・それと一緒じやないのか?難しい問題だな・・・


これ、実家にある。実家帰って暇なとき時々読むんですが。見開き1ページのパンに圧巻されます。なんかね。食べたくなっちゃうんだよね。そしてなぜカラスの子が黄色・赤・茶・緑なのか。幼心には思わなかったけど今は気になるところであります、はい。


これは初めて読んだんです。カラフルな色のくれよん達は、画用紙の上にお花とかちょうちょとかいっぱい描き始めるんです。でも黒色だけは「じゃまだから」って仲間はずれにされます。「僕は役立たずだ」って落ち込んでいるとみんながケンカを始めます。色がぐちゃぐちゃに混ざってきちゃったから。そこでシャープペンシルのお兄さんが黒くんにアドバイスをします。「上から全部塗っちゃえ」と。黒くんはわけもわからず塗り始めますが、みんなも文句を言い始めます。しかし、シャーペンお兄さんが上からなぞると、夜空に打ちあがる花火が浮き上がってきました!!
この絵画手法を小学校でやったのを思い出して懐かしくなりました。あたしは黒色、案外使ったけどなぁ・・・


これも持ってた。でも昔から思ってたんだけど、この表紙の絵、こわくない?ただいろんな動物がいないない・・・ばあっ!ってするだけの絵本。でもインパクトだけはどのえほんにもかなわないな。未だに実家の両親の寝室(昔は一緒に寝てたからね)にあるのだろうか?したら、色あせててもっとこわくなってそう・・・


最後にコレ。いちばん好きな絵本。コーナーになかったのがくやしくって、わざわざ絵本コーナーまで探しに行ってみてきました。ぞうのぐるんぱがどこにいっても邪魔者扱いされて、「ぐるんぱ、しょんぼり」。さいごにたどり着いた幼稚園で人気者になりめでたしめでたし。というお話。これは、高1のときにドラマの大事な要素として扱われていたので知ったんですよね。だから小さいときは読んでないわけで。でも将来不安なあたしにはぐっときたさ。なんかね。居場所って大事。自分を必要としてくれるところを探すのは至難の業。今また自分のなかで、居場所を見失いかけているので。ぐるんぱみて元気だそっ、ってかんじ。

やっぱ絵本はいいね。だいすき。すぐ読めるし。絵でほっとするし。えほんかぁ~
[PR]
by a-1_2 | 2005-06-29 01:16 | 本・雑誌