今。みつめて、走って。


by a-1_2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『あいくるしい』

番組編成期ですね~新ドラマ始まりました。
いっつも初回だけ見て、あとどーしようか決めるタチです。
でも最近TVへの執着もなくなって、連ドラ全部見なくなったけども。

で、TBS日曜9時スタートあいくるしい

正しいホームドラマなのかな?
とりあえず、神木隆之介くんがめちゃくちゃかわいい!とゆーことで見ようと思った。
あと朝たまたま「はなまるマーケット」見ててはなまるカフェに市原隼人くんが出ててみた。
彼のデビューって「スパ王」のCMの「たらこ」役らしい・笑。「あちっ、あちっ!」って言ってたって。共演が深田恭子ちゃんって聞いて思い出した!あれか~!と。今見てみたいよね、うん。

あ、「たらこ」と言えば今やってるキューピー パスタソース たらこのCM。まじキモい。
というか恐怖。こわいよー。友達がバイト中ずっと歌ってて。あんなともだちやだ。

で、本題ですが。
うーん・・・むずかしいぞ。だってあんな純粋な少年少女はいないと思う、あたし。
でも、おじいちゃんの天文台でのお話は素敵v
しかし考えるところもあって。11歳の少年。泣いたことがないって設定なんだけど。
別に無表情とかじゃないの。笑うし怒るし。ただ、泣けないの。母親が死ぬっていってみんな泣いてるのに泣けない。
それってつらいよね。だれだって泣きたいもんだよ。
ちょっとした悔し泣きから、失恋、身近な人の死・・・
女の子だけじゃなくって男の子だって泣きたい。そんなの当たり前。
で、最後のシーンで、泣けない少年は、おじいちゃんからもらった目薬で泣いたフリするんだけど、そんなの寂しいよね。

やっぱり笑顔がいちばんだとは思うけど、泣くのだって素敵なことなんだから。って思う。
[PR]
by a-1_2 | 2005-04-10 22:30 | TV・映画